由良温泉一泊旅行
         12月24日(日)~25日(月)

 昨年は3夫婦であったが、今年は2夫婦。じょんのびの旅であった。びゅうの期間限定「庄内たまげた値」(往復のJR+宿泊)で、浦佐からあつみ温泉、特急指定利用で21000円です。何とホテルに着いたら、女将さんが一人に鮭一匹のお土産つきですと言う。
 ホテルは「由良温泉・早乙女」。駅からホテルまでも送迎あり満足の旅であった。夕日百選に選ばれており期待したが雲が多く残念でした。
 料理もまあまあか……。お母さんたちの要望で、アワビ踊り、もずくしゃぶ、大鯛のかぶと煮を追加料理で頼みおお満足。酒は地酒の「大山」に酔う。

 部屋から風呂から食事からの景色(大岩等)は絶景だ。夜、大岩に映される20分の映像は必見の価値あり。屋上の露天風呂が閉鎖は残念であった。

25日真夜中に海の風の音で起きる。3時ごろであった。目がさえたので、冷蔵庫からのビールを始める。4時半から7時までぐっすり眠り朝ぶろに行く。朝食は8時からビールと熱燗でカンパイする。10時40分にホテルを出る。風で電車が心配したが、特急「いなほ」大幅な遅れでいつ来るかわからないと言うので、村上着の普通列車に乗る。この電車も1時間遅れ。ノロノロ運転でやっと村上に着く。村上発の普通電車で新潟に、予定していた新幹線より3本後に乗り無事浦佐に着く。ご苦労さんでした。
b0092684_11355135.jpg
b0092684_11382739.jpg
b0092684_11391563.jpg
b0092684_11392874.jpg
b0092684_11394021.jpg


 

[PR]
by 2neyuki | 2017-12-25 11:09
<< 常蔵の年末(大掃除、餅つき、注... 町内「〆なえ」つくり >>