常蔵(私)の連休後半(4日~7日)
●5月4日(木・みどりの日)
孫の桜子(長女)7歳の誕生日。誕生祝に村上から小雪来る。
  里恵ママの手つくりケーキは、愛情いっぱい。
b0092684_1441384.jpg

b0092684_14412297.jpg


●5月5日(木・こどもの日)
  子供の日のプレゼントで、桜子と小雪と三人で長岡に映画を見に行く。
  ・一本目は「くれよんしんちゃん」
    泥棒、戦争、だまし合いや詐欺等等悪いことは大人が行い、このままでは地球が絶滅すると危惧した宇宙人が大人を全て子供にしてしまうというストーリーで、それを阻止したのがクレヨンしんちゃん・・・・・。
  ・二本目は「ヒミツのここたま」
    ゴミを捨てたり、物を大切にしないと悪いキノコが増えて、悪いキノコが増えた家庭や街は人間が意地悪になる。ここたま界のハッピーツリーのカギが盗まれ、ハッピーツリーに穴が開き「ハッピースター」(人間界を明るく幸せにする)が流れてしまった。

    子供の映画と思ったが、内容のある映画で大人にも推奨できる。

    ●長岡(映画)から帰ったらビックリ!!
     子供の家が建っている。子供の日に隣の石田大工さんが町内の子供たちにプレゼント。
     大勢の子供が遊んでいた。
b0092684_16404360.jpg
b0092684_1641017.jpg


●5月6日(土)
 健太郎一家お墓参りに来る。
 この4月から愛知県の豊橋から筑波に転勤。
 小学校1年の隆太君の学校(公立)は成績表は無いのだと・・・・・・。
 筑波に来たから泊まるのかと思ったら今回も日帰り。

       ●お昼から宴会となる
b0092684_927196.jpg


●5月7日(日)
 「フットパス」の道(旧三国街道)整備。
 浦佐と五箇を結ぶ道で3年前から有志と始める。

 ※フットパスとは、[foot=歩く、path=小路]のこと。イギリスが発祥で、森林や田園地帯、街並みなど昔から、その地域に残るありのままの風景の中を歩く。ありのままの地域を歩く。日本では20年前に北海道で、平成21年に日本フットパス協会が設立され60団体が加入。

             ●道整備に汗をかく
b0092684_9363599.jpg

b0092684_9365581.jpg

b0092684_9371115.jpg

b0092684_9373673.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-04 17:39
<< つくしんぼ田舎体験(田植え) ... 毘沙門天「春の例大祭」    ... >>