びしゃもん市反省慰労会     長島代議士後援会役員会
                 3月11日(土)

<びしゃもん市反省慰労会>12:00~
 28年の反省慰労会が今日になる。特に男性陣は「小さなまつり」が年8回行われたが、全て無償で応援いただいているのでその慰労的な要素が強い。
 びしゃもん通り(浦佐駅西地区)に食料品店が無くなり、びしゃもん市の役割はお年寄りにとって、なくてはならない施設で、冬期間も開設してもらいたいという声が出ているが、今の施設では冬は難しい。冬期間の開設は将来的な過大とする。売り上げを伸ばし、品揃いを豊富にするためには・・・・・・。高齢者のみなさんや買い物難民と言う話がある中で、「びしゃもん市」のあり方をもう一度考えようと言う事になる。
 もちろん、毘沙門様への参拝客対応は今まで通り行うが、駐車場から山門をとおるようにする誘導表示が大切。

                 ●びしゃもん市のスタッフでーす。
b0092684_10515920.jpg


<長島代議士後援会役員会>松原県議事務所にて10:30~
 南魚沼郡市の後援会長を種村正芳氏(元県議会議長)が務め、県議会で培った地盤を基に、長島代議士の盤石な組織をつくる。会長本人から退任の声が出ており、ようやく本日の会となる。
 私は、種村会長の後任は松原県議しかいないと思っていたが、松原県議は、「先輩の斉藤県議がいられるし、先の県議選のしこりもあり、近くに予想される衆議院選挙でしっかりとした戦いをするには私でない方が良い」と話される。
 前井口市長の名前が上がり、そういう方向で進むことに全会一致で決まる。
 種村会長には本当に長い間ご苦労さまでした。





 
[PR]
by 2neyuki | 2017-03-11 10:35
<< 十二講まつり      裸押合大祭(前夜祭・多聞青年団... >>