裸押合大祭委員長受託
               8月7日(日)16:00~

  歴史ある「押合大祭委員長」を2期6年、その前は副委員長として2期勤めさせていただいた。私を含め大祭委員は今年の大祭で自動的にその任を終了した。
大祭委員長は、普光寺住職が選任するしきたりで、副委員長、勧募部長、奉仕部長、企画部長は委員長が選任することとなっている。つい先日も多聞青年団団長から、大祭委員と初会合を持ちたいと連絡が来たが、お盆以降にとお願いする。

  大祭委員長は、自宅に行きお願いすることとなっており、樺沢住職が我が家に来る。
  内々に住職からきいておったので、16時半に前大祭副委員長と勧簿部長と撒与講中の講元からも我が家に来ていただく。

正式に大祭委員長を受けたので、皆さんに協力を依頼し、一献傾けながら新体制について協議する。
 来年の大祭から3年間、この重い大祭委員長、6年間の経験を活かしつつ、初心に戻り、伝統ある大祭を次世代にしっかりと引き継いでいく。
 課題は多い。財政問題、講中の高齢化、当日奉仕者の高齢化、青年団OBの大祭への関わり、多聞青年団員の減少、夏場の参拝者の増・・・・・・・。

            ●方丈様我が家の仏壇を参り、その後大祭委員長に指名される。
b0092684_15291291.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2016-08-07 15:09
<< 越後ワイン役員打ち合わせ会 大和地域市民ゴルフ大会 >>