押合大祭「講中訪問」
            2月11日、12日

 1月24日に4講中、2月6日に3講中、7日に4講中、そして11日と12日で4講中、2会社を訪問する。市内外に毘沙門天を支える講中が200くらいある。訪問するのは、そのうち、餅を奉納する講中と、大ローソクを奉納する講中で、100年以上も続いている歴史ある講中。
 講中訪問では、住職と大祭委員長が日頃のご協力に感謝と挨拶をし、青年団から当日の大祭行事の案内をする。

           ●2・11 沼垂講中(新潟市)にて
b0092684_12381251.jpg

b0092684_12382880.jpg

           ●2.11 大崎講中(三条市)にて
b0092684_12392462.jpg

           ●2.11 見附講中、同級生の谷江宅(見附市)にて
b0092684_1240532.jpg


           ●2.12 新潟市で2件、長岡市で1件訪問し、龍蔵寺(樺沢住職宅)による
b0092684_12424571.jpg


 19時から「大祭奉仕係長」会議が行われる。
[PR]
by 2neyuki | 2016-02-12 12:25
<< スペシャルオリンピックス2016新潟 子どもサンヨ餅つくり >>