TPP徹底討論
       1月28日(土)~29日(日)

 堀江修主催の「TPP研究会」に参加する。会場は月岡温泉泉慶。
 大雪のため新幹線で行くが新潟は太陽が顔を出していた。新潟から白新線で新発田まで行き、娘から月岡まで送ってもらう。
 15時から翌日の11時までだが、私は29日は9時半まで。県下から35名が集まる。
 
  最初に3名の識者から30分から40分TPPについて話してもらう。
  ①重野徳夫~農政ジャーナリスト、前JA新潟中央会専務
        TPPについてJAの専属講師
  ②金哲洙~農業新聞記者
       中国・韓国を担当し、韓米FTAは金さんの記事が主体。各マスメデアで最も韓国通  ③伊藤亮司~新潟大学准教授
        TPPについて新潟でもっとも多く講演している先生。
  参加者の顔ぶれも多様だ。本県を代表する農家や県の職員、団体職員、農政記者。
  私は初めて会う方が多かったが、塩沢から消費者協会の方が、魚沼市からも参加していた。
 
  「本当にTPPは阻止できるのか」という投げかけに議論が白熱する。
    私は
    ・マスコミ(新聞各社)がTPPの真実を公開しない。   
    ・政府は国民的議論にならないように主導しているようだ。
    ・韓国のように国内のあらゆる団体が連携する必要がある。

       ●新発田駅に小雪が迎えに来てくれる。
b0092684_11575523.jpg

       ●TPPについて報告をする3氏。右端が同級生堀江です。
b0092684_11592787.jpg

b0092684_11594812.jpg

    
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-28 06:52
<<  大祭映像記録作成委員会   ...  賽の神まつり   寺尾観... >>